英語で説明できる!? 「修羅場」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『修羅場を乗り切ったわ』って言っていたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第54回

What is Shuraba?
修羅場って何?

Aussie: I know that 乗り切る (norikiru) means ‘to get through something’, but I’m not sure what that other word means.

You: The word 修羅場 (shuraba) has a variety of meanings depending on the context it’s used in. The word originates from Hindu mythology as the place where two Gods – Asura and Indra – fought, and hence caused carnage and bloodshed. The word has since been used to describe battlefields and other dreadful scenes of the like.

A: I see. But that mea ning doesn’t quite fit my friend’s phrase, because it’s not like she made it through a warzone recently.

Y: Ah yes. That’s because like I said before, 修羅場 has multiple meanings depending on how it’s used. So in your friend’s case, she might not have literally been in a warzone, but could have been in a ‘hellish’ period of assessments for University, or the ‘crunch time’ at work to submit figures.

A: Oh right, so 修羅場 can be used figuratively, too.

Y: Actually nowadays, it’s almost used exclusively for figurative situations. The word is commonly used in TV, drama and stage productions to often depict rough relationship situations.

A: Gotta love soap operas!

Y: Haha yep that’s right! For example, there might not be any physical fighting or bloodshed amongst the stories’ characters, but a love triangle situation itself could be classified as a 修羅場.

A: I think I get it now. It reminds me of the time my housemate’s girlfriend found out that he lost over a grand on the pokies in one night. THAT was one chaotic scene!

Y: Oh wow, that definitely would have been a 修羅場!

A: Yep, it sure was!

説明する時のポイント

まず「修羅場」の「修羅」は、古代インドにおける「阿修羅」という神の一族の名前に由来すると教えてあげよう。仏教では仏法の守護神だが、インドのバラモン教では悪神として常に闘争を好む神という位置づけになっている、と補足しておこう。この「阿修羅」が戦う相手が「梵天」や「帝釈天」という神で、この神々の戦いの「場」を「修羅場」と言うようになったことから、激しい闘争の場、または、そのような場所を連想させるような状況、事件、事故現場などを描写するようになった、と説明してはどうだろうか。例えば、全員が髪を振り乱して取り組んでいる仕事場の状況や、3日間連続の期末試験日、痴情のもつれが争いの原因で果てしなく続く男女間の三角関係問題などを言い表す時に使われる、と添えておこう。

【単語・成句】
context  前後関係/状況   
originate from ~ 〜に由来する 
carnage and bloodshed 殺戮と流血 
dreadful scenes of the like そのようなおぞましい光景
make (it) through 生き延びる/生還する
literally 文字通り
a ‘hellish’ period of ~ 〜の地獄のような時期
crunch time 正念場
figuratively 比喩的に
Gotta love soap operas! メロドラマは人気があるからね!
a love triangle situation (男女間の)三角関係
lost over a grand on the pokies ポーカー・マシーンで千ドル以上すってしまった
one chaotic scene ハチャメチャな光景の典型
Yep, it sure was!  そう、まさにその通りだった!

【会話文で使える表現】
“like ~”「〜のように」という意味のことを伝える言葉だが、「例えば」という意味で使ったり、言葉の継ぎ穂を失った時に「ええと/あのう」の代わりに使える便利な言葉である。

例① “Everyone was enjoying hunting for Pokemonon their phones, like small children.” “Yep, it’s pretty amazing how many people are getting into it.”「みんなが小さい子どものように、スマホ片手にポケモン探しを楽しんでいたの」「うん、驚くほどたくさんの人が夢中になってるね」

例② “Like France, like Belgium, like Turkey…terrorist attacks are happening everywhere.” “I know, it’s terrible.”「フランスでも、ベルギーでも、トルコでも、テロはいろいろな所で起こってるね」「全く、ひどいよね」

例③ “He was like, so, like, totally cool!” “Good for you!”「彼はね、ええとね、その、ええと、超クールだったの!」「良かったじゃない!」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る