「お盆」をオージーに英語で説明してみよう !

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「同僚がお盆で帰国するって言うけど、お盆って何のこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第65回

What is obon?
「お盆」って何?

Aussie: I overheard that one of my workmates was going to go back to Japan for the お盆 (obon) period, but when is that and what is it?

You: お盆 is an annual Buddhism related festival which usually spans three days in mid-August. The starting date varies between regions, but the most commonly celebrated ‘main’ date is the 15th of August. The お盆 custom is to commemorate and honour the spirits of the ancestors, as it is believed that each year during this time, the ancestors’ spirits return to this world in order to visit their relatives.

A: Oh, so it’s like Mexico’s Día de Muertos (Day of the Dead)?

Y: Yes quite similar, in that it is a multi-day holiday, and focuses on family members coming together to return to ancestral places. People also typically make food offerings referred to as お膳(ozen) to house altars and temples, and make a small fire in front of their houses to guide
the ancestors’ spirits coming home (referred to as 迎え火/mukaebi). It’s a pretty busy time of the year, where the extremely increased domestic & international travel activities along with accommodation rates are almost equal to that of the New Year’s period.

A: My goodness. I guess I should give mid-August a miss then if I was to go on a holiday there…

Y: Having said that, the night-time festivals which get held throughout Japan are certainly a must-see. Most festivals will have a form of 盆踊り (bon-odori) performance, which originated hundreds of years a go as a religious / spiritual act. Some are performed on the streets as the entourage moves along, and some are danced around a 櫓 (yagura), a central raised plat form where traditional instruments play the tune and rhythm.

説明する時のポイント

「お盆」は、多くの日本人も仏教の年中行事だと思っているのだが、そうではなく、「盆」という言葉こそ盂蘭盆(うらぼん)という仏教語(サンスクリット語の逆さに吊るされた苦しみ(ウランバナ)、という意味の言葉)に由来するが、盆の行事の大部分、特に主要な部分は全て日本特有のものであって、仏教の本来の行事ではない、と教えてあげよう。日本に古くからある御霊祭(みたままつり)の習慣に、仏教が結びついたものと考えられている、と説明しておこう。地方によって行事の形はさまざまだが、いずれの場合にも、先祖の霊をもてなす、つまり生きている者が死者と数日間の交歓を行うという考えは一致している、と付け加えておこう。だから、先祖と子孫、広い意味での親と子が睦み合う機会であると言っても過言ではない、とも。

【単語・成句】
overheard<overhear 漏れ聞く/耳にする
span  〜にわたって   
vary 異なる/さまざまである 
commemorate 記念する/祝う
honour 尊敬する/尊ぶ
multi-day holiday 連休  
house altar 神棚
house temple 仏壇
referred to as ~ 〜という/〜として知られている 
equal to ~ 〜に匹敵する
My goodness. へえ/おやまあ
a must-see 必見の
originate 起こる/始まる/生じる
religious/spiritual act 宗教的/神聖的儀礼
entourage (この場合)踊る人びと

【会話文で使える表現】
“give (something) a miss” 出来ないことはないが、何らかの理由でしない、遠慮しておく、などと言いたい時に使える表現。

【例1】“Are you coming with us to play footy after?” “I’d love to, but I’ve got a test tomorrow so I’ll give it a miss.”「あとでフットボールをするけど、一緒に来るかい?」「行きたいけど、明日テストがあるから今日はやめておこう」

【例2】“Are you going to visit Kyoto during your tour in Japan?” “I’m afraid I will have to give it a miss this time, because I’m on a very tight schedule.”「日本での旅行中、京都に行く予定はあるの?」「いや、残念ながら今回は過密スケジュールなんで、行けそうにないよ」

【例3】”Sorry, kids, looks like we’re gonna have to give the zoo a miss, because of the rain.” “Aw, but dad!” 「残念だが、雨なので、動物園行きは取り止めだ」「ええっ、でもパパ〜っ!」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る