「桜前線」をオージーに英語で説明してみよう !

第74回「桜前線」って何?
What is Sakurazensen?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード ニュースで『桜前線』という言葉を目にしたけれど、これってどういう意味?

Aussie: I’m guessing it’s got to do with the 桜 (sakura) [cherry blossoms], since Japan has spring coming up soon?

You: Yep, that’s right. Like you just said, 桜 means cherry blossom, and the 前線 (zensen) part of the word literally means “frontline” – but since the word is used in a weather context, it would be more fitting to say “weather front”.

Aussie: Oh, ok…. So, it’s the “cherry blossom weather front”? Sorry, but I might need you to explain it a bit more for me!

You: Oh, my bad! Let me start again. You see, the cherry blossoms bloom when the weather gets warmer, and that happens at different times across the country.

Aussie: Ah, that’s right. I forget sometimes that even though Japan is a relatively small country, the weather there can differ quite a lot between regions.

You: So, the 桜前線 we’ve been talking about describes this blooming trail which moves northward over time between early February to late May. It’s keenly tracked and reported on during weather forecasts by the
National Meteorological Agency, especially for the purposes of 花見(hanami).

Aussie: What’s 花見?

You: It literally means “flower viewing”, and it’s a custom that dates back many centuries, where people come together to have picnics underneath the blossoming cherry trees. Specially prepared dishes and sake [rice wine] are enjoyed, along with music, dancing and other festivities.

Aussie: I would love to go to Japan during that season. It all sounds so amazing!

You: I highly recommend it , but careful planning is definitely the key, as some varieties of cherry blossom last no more than a week…!

説明する時のポイント

「桜前線」という言葉は、マス・メディアの造語で、1967年(昭和42年)ごろから使われ始めた。元々は、気象庁が発表する日本各地の桜(主にソメイヨシノ)の開花予想を結んだ線のことを、天気予報で使われる「前線」という言葉で呼ぶようになったと教えてあげよう。今では、民間の5事業者が、開花予想発表を行なっているので、2010年(平成22年)より、気象庁は発表を取り止めた、と伝えておこう。日本は小さい国だが、南北に細長いので、2月上旬の沖縄カンヒザクラの開花から、5月末の北海道エゾヤマザクラの開花まで、4カ月にわたって日本人は桜前線の北上を見守り続けることになる、と付け加えておこう。桜の花が5から6輪開いた場合「開花」、80パーセント以上が咲いた状態を「満開」と判断するということも……。

【単語・成句】

it’s got to do with ~ ~に関係ある
in a ~ context ~という文脈で/~という状況で
fitting ~に当たっている/ぴったりだ   
Oh, my bad! あっ、これは自分(の説明)が悪かった
Let me start again. もう一度始めからやり直す
across the country 全国で
even though ~ ~でも/~のに 
differ 異なる
blooming trail 開花していく様子を辿ること
northward 北に向かって/北上して 
it’s keenly tracked 熱心に追跡される
for the purpose of ~ ~のために
date back (歴史を)遡る  
It all sounds ~ 全て~に聞こえる
highly recommend 強く勧める
careful planning きめ細かい計画
definitely the key 明らかに大切
last no more than a week 1週間しか咲いていない

【会話文で使える表現】

“might” “may” の過去形としてしか知られていないこの助動詞は、“may”が会話ではあまり使われないのに対し、強い気持ちではないが、何かを肯定したり、依頼する時に会話でよく使われる。

【例1】“Will you make it to the party after work?” “I might be able to, but I’ll text you about it later.”「仕事の後にパーティーに来られそう?」「行けると思うけど、後で携帯でメールするね」

【例2】“I know you told me about it before, but I might ask you to tell me again.” “Sure.”「前に教えてくれたことは覚えているけど、もう一度教えてくれない?」「いいとも」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る