我慢/福島先生の人生日々勉強

福島先生の人生日々勉強

我慢

日本語には、多くの仏教由来の言葉があり、「我慢」という言葉もその1つです。

「我慢」というと、通常は「耐える」「こらえる」といった忍耐を表す言葉として使われていますが、仏教でいうところの本来の意味はそれとは随分違います。「我」というのは「われ、自分」、「慢」というのは、「驕(おご)り高ぶる」ことです。つまり、本来我慢という言葉は、自己へのとらわれから来る驕り、慢心を意味します。元々は、忍耐するという意味はありませんでした。

「仏性を見んと欲せば、まずすべからく我慢を除くべし」

これはインドの竜樹(りゅうじゅ)という高僧の言葉です。「仏というものの何たるかを知りたければ、まずはとにかく自らの心から我慢を取り除かなくてはならない」ということです。

自己を頼む心、自信は大切ですが、自信も過ぎるといつの間にか慢心になってしまいます。人は往々にして、自分でも気付かないうちに自らの力を高く見過ぎているものです。自己へのとらわれ、ここから我慢が生まれてきます。

仏門や芸事などの修行においては、入門してくる者たちに、特に最初のうちは非常に厳しい指導が施されます。どんな社会で活躍していた人でも、ひとたび修行に入れば、相手がたとえ年下であろうとも口答えは許されず、返事は「はい」のひと言です。人道に外れてさえいなければ、納得できないことを言われようとも、ただひたすらに言われた通りに行動しなければなりません。

ここで大切なことは、納得できないという判断はあくまで自己の計らいであるということです。自己の計らいは、自己へのとらわれに通じています。自己を頼む心を徹底的に取り除く。我慢を取り除く。驕りや慢心は人の心を曇らせる元凶なので、その修行が一生を決めると言っても過言ではありません。入門時の特別に厳しい修行はそのためにあるのです。

「執着を捨てよ」とは古来仏教でよく言われるところですが、我慢というのは、いつの間にか生まれてしまう自己への執着の表れです。捨て難き自己へのとらわれを捨てることは容易なことではありません。そうした時、劇団やクラブ・チームのように共に修養を積む仲間がいることは大きな励みになりますね。多くの門において、共に学ぶ仲間がいるということはそうした意味合いもあるのです。

しかしながら、1人孤独に修行しなければならない場合もあります。道を究めたければ、志を高く持ち、自己へのとらわれ、我慢を捨て続けて、研鑽(けんさん)していかなければなりません。我慢を捨てて臨む厳しい稽古を経てこそ、どこまでも自由で広い、闊達(かったつ)な世界へと羽ばたいていけるのではないでしょうか。


教育専門家:福島 摂子
大阪府出身。33年間、教育に携わり、教育カウンセリング・海外帰国子女指導を主に手がける。1992年に来豪。シドニーに私塾『福島塾』を開き、社会に奉仕する創造的な人間を育てることを使命として、幼児から大学生までの指導を行う。2005年10月より拠点を日本へ移し、日々活動の幅を広げていく一方で、オーストラリア在住者に対する情報提供やカウンセリング指導も継続中である。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る