和やか園芸レッスン「アザレア」

和やか園芸レッスン
取材協力=アナ・バマッドさん(バニングス・オーバン店)

第2回: 今月の花「アザレア」


多様な色・形があり楽しみ方もさまざま

冬から春にかけて園芸店でよく見かけるようになるアザレアは、日本ではツツジの名で親しまれ、オーストラリアでも比較的ポピュラーな花だ。元々は中国に起源を持つが、ヨーロッパで鉢植え用に品種改良され常緑性(1年を通して葉がある)の植物として親しまれるようになった。日本で見慣れたツツジと比べると花にボリュームがあるのが特徴で、花びらが一重のものはもちろん、八重のものやフリルのように波打って豪華に咲くものまで多様だ。色は白、赤、ピンク、紫などがあり、葉と枝を覆ってしまうほどたくさんの花が一斉に咲くことが人気の理由の1つだが、盆栽として小さく育てて楽しむ人もいる。好みに応じて楽しみ方はいろいろありそうだ。

置き場所の注意点

日光を好み、寒さに弱い性質があるアザレア。地植えにも向いているが、初めて育てる人は鉢植えが無難。その時期の気温や日当たり具合に応じて移動させながら、枯れないように管理したい。

真夏は直射日光が当たらない明るい日陰に置き、春と秋には日当たりと風通しの良い場所で管理。冬はベランダや庭のよく日が当たる場所に移動させよう。寒さに弱いため寒風が吹く所には配置しないよう注意する他、気温が大幅に下がるような寒い日には室内の日の当たる窓際に移動させるなど、花芽が枯れるのを防ぐようにしたい。

植え替えと管理の仕方

植え替えは午前中の日が昇りきる前に行うのが理想的。購入したアザレアをポットから取り出すと根が狭い範囲に密集しているので、3分の1ほど根をほぐそう。その後水はけの良い土とひと回り大きな植木鉢を準備して植え替える。

植え替え直後には、植木鉢の下にある鉢底穴から水が流れ出るくらいたっぷりの水を与えることが重要。水やりは毎日たっぷり行うが、土の湿度が高い状態が続くと根腐れを起こすため、受け皿がある場合は水がたまっていないかをこまめにチェック。花が咲き終わった後には、固形または液体の肥料を与えよう。

鮮やかなピンク色が一面に広がる光景も
鮮やかなピンク色が一面に広がる光景も

花が散った後は2年に1回の頻度で植え替えを行う。大きく育てたい場合はひと回り大きな鉢、サイズを変えたくない場合は同じ大きさの鉢を使用する。その時、根が新しい土に触れるように古い土はしっかりと落とし、同時に伸びた枝を形良く刈り込みすると次期の花付きが良くなる。

比較的害虫や病気には強いが、開花時期に花が茶色く変色してしまうことがある。散る直前の花はこのように変色し、全体の見た目を悪くするので見つけたら手で摘み取る。まれに葉巻虫などの害虫が卵を産んで葉を丸めることがあるが、その際は葉ごと取り除いてしまおう。

アザレアは黄色の花がないため寄せ植えにして楽しみたい人は、同時期に最盛期を迎えるパンジーやデイジーなど黄色の花と合わせるのがお勧めだ。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る