釣りキチ青年たちとオーストラリア

Ryusuke君と念願のバラマンディ
Ryusuke君と念願のバラマンディ

第116回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

釣りキチ青年たちとオーストラリア

「オーストラリアには釣り目的で来たんです!」。釣りキチ青年たちからこんな問い合わせがあると、釣りで永住している私の血が騒いでしまう。

ブリスベン近郊での変わった大物釣りは、マグロのキャスティングと淡水のサラトガ(アロワナ)のルアーくらいしかお手伝いできない。QLD州北部のバラマンディと南部のマーレイ・コッドなどの大物は、自分たちの足で陸から釣るか、または現地の釣りガイド・ボートをチャーターして狙うことになる。陸からの釣りポイントの多くは公共交通機関でアクセスするのが難しい場所が多く、4WDなどの車が必需品となる。ガイド・ボートを使うにはそれなりに費用が発生してしまうのは仕方がない。

東北からやって来たRyusuke君は、ダーウィン、ケアンズなどでフルーツ・ピッキングなどで稼いだお金で車を購入し、休みは毎日のように大物バラマンディが釣れる湖畔のポイントに通いつめ、とうとう執念でバラマンディを仕留めることができた。今は、震災で被害があった気仙沼の実家に骨休めで帰国し、早春の海で、鍋においしいタラなどの釣三昧だそうだが、セカンド・ビザで釣りと仕事の旅に戻ってくるようだ。

4WDでこれから出発のKazuya君
4WDでこれから出発のKazuya君

最近、福岡からやって来たKazuya君は、ブリスベンで古い4WDを購入して準備し、これからピッキングなどの仕事をしながら奥地のオーストラリアで幻の大物を狙う旅に向かった。向かった先の仕事で少しお金が稼げたら、釣りボートも購入し牽引して釣り歩きたいと計画を立てているほどの釣り猛者青年だ。

ワーホリ・ビザを利用して、働きながらオーストラリア各地のいろいろな大物を釣りたいというアドベンチャー的な目的を持った青年たちに、同じ考え方を持ってオーストラリアに永住している先輩として、エールを送るとともに、今後も陰ながらいろいろ応援していきたい。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る