2019年5月 ニュース/総合

4月11日、連邦選挙を5月18日に実施すると発表したスコット・モリソン首相(Photo: AFP)
4月11日、連邦選挙を5月18日に実施すると発表したスコット・モリソン首相(Photo: AFP)

連邦選挙、5月18日投票

6年ぶり政権交代の可能性

スコット・モリソン首相は4月11日、キャンベラの連邦議会で会見を行い、5月18日に連邦議会選挙の投票を実施すると発表した。定数150の下院(任期3年)の全議席と、定数76の上院(任期6年)の約半数を改選する。世論調査では、中道右派の与党保守連合(自由党、国民党)が、中道左派の最大野党・労働党の後塵(こうじん)を拝しており、2013年の前々回選挙以来6年ぶりに政権が交代する可能性がある。

保守連合は、経済運営と財政健全化の実績をアピールすると共に、2日発表の新年度予算案で打ち出した減税策をテコに、3期目の再選を目指す。昨年8月に就任したモリソン首相の下では、初の選挙となる。

モリソン首相は会見で「労働党が混乱させた財政を立て直すのに5年以上掛かった。あの時代に戻るべきではない」とした上で「強い経済を維持することが、あなたやあなたの家族の将来を守ることになる」と強調した。

一方、6年ぶりの政権奪回を目指す労働党は、雇用や賃金、医療、教育、環境対策を全面に打ち出す。同党のビル・ショーテン党首は同日、メルボルンでの会見で「より多くの雇用を創出し、より良い医療と教育を実現する。実効性のある気候変動対策と再生エネルギーの導入を促進し、エネルギー料金を引き下げる」と語った。

調査会社ニューズポールの最新の世論調査(全国紙『オーストラリアン』7日付掲載)によると、2大政党別支持率は、保守連合が3月の前回調査から2ポイント上昇して48%、労働党が2ポイント下落して52%だった。この数字を基にした同社の分析によると、2大政党の獲得議席数は、保守連合が63(改選前比10減)となる一方、労働党は82(10増)と過半数の75を上回り、政権を奪回する見通し。ただ、実際の選挙では、各地に散らばる接戦選挙区の結果が勝敗を左右するとみられる。


黒字幅71億ドルに拡大へ
2019/20年度連邦予算案

連邦政府は4月2日、2019/20会計年度(19年7月1日~20年6月30日)の国家予算案を発表した。12年ぶりとなる財政黒字化を目指すと共に、秒読み段階に入った次期連邦選挙を念頭に低・中所得者層向け減税策も打ち出した。

予算案の規模は、歳入が前年度比4.2%増の5,055億ドル、歳出が同2.2%増の4,933億ドル。歳入から歳出を引いた財政収支は、基礎的現金収支ベースで71億ドル(政府系年金基金の運用益を含む)の黒字を見込む。昨年12月の年央経済財政見通し(MYEFO)時点で予想した41億ドルの黒字から上方修正した。

成長率は2.75%に下方修正

歳出面の目玉は、低・中所得者向けの所得税減税だ。既に法制化した総額1,440億ドル規模の所得税減税に加え、新たに1,580億ドルを投じて最大で年収12万6,000ドルまでの所得者の税額控除を大幅に拡大する。ジョシュ・フライデンバーグ連邦財務相によると、勤労者1人の世帯の場合、年間で最大1,080ドル、勤労者2人の世帯では最大2,160ドル、それぞれ控除額が増える。

また、中小企業向け支援策では、資産の即時償却の対象となる金額の上限を3万ドルに引き上げる。年商の上限も5,000万ドルにまで引き上げ、対象事業者を拡大する。インフラ関連では、今後10年間で総額1,000億ドルを拠出する。

予算案の経済見通しでは、19/20年度の実質国内総生産(GDP)成長率を2.75%と見込んだ。足踏みする景気を背景に、MYEFOの3.0%から下方修正した。

財政運営の成果訴え選挙へ

フライデンバーグ財務相は2日、キャンベラの連邦議会で行った予算案演説で「12年ぶりに(単年度の)黒字化を達成し、労働党が積み上げた累積債務をやっと返済していける。1,000万人の国民と300万の小企業への減税、8万人の見習い技術者雇用、1,000億ドルの全国インフラ整備計画、学校と病院への記録的な支出拡大、我々はこれら全てを増税なしで成し遂げた」と語り、歳出策と財政健全化の両立を強調した。その上で、同財務相は「より良い、より明るい国造りに向け、道標を示した」と強調した。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る