豪州ラグビー通信「スーパー・ラグビー2017開幕!」


豪州ラグビー通信

文=YASU

スーパー・ラグビー2017開幕!

オーストラリア勢は苦戦続き!?

今年もスーパー・ラグビーが開幕しました。3月19日までに第4節を終え、無敗を続けているのはニュージーランド勢のチーフスとクルセイダース、そして南アフリカのストーマーズの3チーム。オーストラリア勢は第2節までにいずれも黒星を喫し、早々に連勝街道から外れてしまいました。

やはり今年も強さが際立つのはニュージーランド勢。連勝のチーフス、クルセイダースにおいては、相手に序盤より主導権を握られ苦戦するゲームもあるものの、終盤に逆転、更には突き放し、試合終了のホイッスルの時点ではきっちりリードしているという強豪チームの文化が備わっているように感じます。

そして、アルゼンチンを本拠地とし創設2年目を迎えたジャガーズにも注目。第2節でストーマーズに敗れるも、これまで南アフリカ勢を相手に3勝1敗。アルゼンチン代表選手を多く含むチームだけあって、フィジカルが強く、高い攻撃力が持ち味。第5節以降、オーストラリア勢との戦いもあり、どのようなゲームを展開するのか非常に楽しみです。

スーパー・ラグビー史上最年少で100試合出場を達成したワラタスのマイケル・フーパー(中央)
スーパー・ラグビー史上最年少で100試合出場を達成したワラタスのマイケル・フーパー(中央)

シドニーをホームとするワラタスは、初戦でウェスタン・フォースと対戦し19-13で勝利。開幕戦を白星で飾りましたが、その後の南アフリカ遠征で連敗。ホームに戻った第4節では、同じオーストラリア勢のブランビーズに敗れ、1勝3敗となっています。ワラタスは昨年までの主力選手が残っているものの、ゲーム・メーカーのバーナード・フォーリーをけがで欠き、またフレッシュなメンバーとのコンビネーションももう一つといったところ。フェイズを重ねる連続攻撃を見せるものの詰めの甘さから得点につながらず、また統制のほころびから簡単に失点してしまう場面が見られます。しかしながら、シーズンはまだ始まったばかり。試合を重ね修正し、中盤戦以降の巻き返しに期待です。

レギュラー・シーズンは全17節。その後、8チームによるファイナル・シリーズが行われ、8月5日の決勝戦で今年の王者が決まります。

Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る