しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第8回】

●今月のお悩み●
時々、大たたきをするホールがあることが悩みです。安定したスコアでプレーできるようになりたいので、上達するコツをぜひ教えてください。
(ユウカちゃん=13歳、ゴルフ歴7年、ハンデ7)

1
2
3
4
5
6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

小さい頃からゴルフをやっているユウカちゃん。13歳でハンデが7とは素晴らしいですね。ちょうど体の成長が著しい年齢で、力もどんどん出てきていると思います。

実際にスイングを拝見すると、やはり体の回転ではなくて、腕の力でスイングしてしまっているようです(写真2)。バック・スイングの体の回転を意識しながら、ゆっくりと上げるようにしてみてください。そしてグリップ・エンドは上空よりも(写真2)、少し下方向を指すように気を付けてみましょう。バック・スイングが速くなると、スイング自体のリズムも速くなってしまいます。

また、インパクトからフォロースルーにかけては、ボールを打とうとせずに腕を振るイメージで、前傾姿勢を保ち、両ひじを閉めながら振り切りましょう。ひざが伸びてしまったり(写真4)、脇が開いてしまっている(写真5)こともミス・ショットの原因となります。スイングのリズムを安定させれば、スコアも安定するはずですので、意識してみてくださいね。

相談者の感想

無意識のうちに力が入ってしまい、腕だけで打っているのが写真と解説でよく分かりました。バック・スイングの時に体の回転を意識しながらやってみると、クラブ・エンドが上に向かず、自然とスイングのリズムもゆっくりになり、インパクトで力が入ることもなくなりました。これからは体の回転を意識しながらスイングをするようにしたいと思います。ありがとうございました。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: email@shuriscountryclub.com
Web: ameblo.jp/shuriyasuda


しゅり先生プロフィル

1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る