しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第10回】

●今月のお悩み●
時々、ダブったり、左に行ったり、ひどいミス・ショットが出ることがあります。ぜひステディーなプレーをしたいです。アドバイスお願いします。
(ジョン君=11才、ゴルフ歴5年)

1
2
3
4
5
6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

体の大きくないジョン君ですが、とても力強くきれいなスイングですね。このスイングで大きなミス・ショットが出るというのは、おそらくリズムが速くなった時ではないでしょうか。パッティングからドライバーまで、同じ力、同じリズムでスイングできるようにしてください。1、2、3、4などと心の中で数えるのも良いですね。ゆっくり、ゆったりクラブを振ることが安定したショットの秘訣です。

そして、アドレスの位置でつま先が少し内側に向いてしまっています(写真1)。そのため写真2のように体重移動がうまくできないことがあり、手打ちになってしまいます。少しだけつま先を外側に開いてみると、体重が移動しやすくなり、小さい体でも飛距離アップにつながるはずです。また、フォロー・スローで手首が左側に返ってしまっているので、時々左方向に行くショットがあるかもしれません。インパクトからは手首を返さず、体と肩をしっかり回転させ、グリップ・エンドが地面を向くように気を付けてスイングしましょう。

相談者の感想

しゅり先生が言ってくれた通り、僕はゴルフ・トーナメントの時にスイングのリズムが速くなってしまうことがあります。これからは、ゆっくりとしたリズムで打てるように練習してみます。それと、アドレスの位置も気を付けて上手に体重移動ができるように試してみます。写真で自分のショットを見て、とても勉強になりました。役に立つアドバイスをどうもありがとうございました。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: email@shuriscountryclub.com
Web: ameblo.jp/shuriyasuda


しゅり先生プロフィル

1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る