しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第11回】

●今月のお悩み●
フェアウェイ・ウッドでのショットが苦手で、なかなかボールが高く上がりません。どうしたら弾道が高いボールが打てるか教えてください。
(裕子さん=ゴルフ歴20年以上)

1
2
3
4
5
6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

スイングのきれいな裕子さんですが、アドレス時の前傾姿勢が足りないのと、腕に力が入り過ぎて伸びてしまっています(写真1)。また、体重が左サイドに傾いたアドレス(写真1)になっているため、バック・スイングを腕や手の力だけで上げてしまい、バック・スイングのトップ時に体が伸び上がっています(写真2)。そのため、体のねじれがないダウン・スイング(写真3)→インパクト→ボールを上げようとして、両腕が伸びすぎて脇が開くことで(写真5)、トップ・ボールが多くなるのでは。ボールの高さはあくまでも各クラブ・ヘッドの角度ですから、インパクトからできるだけ長く低くクラブ・ヘッドを振り抜くことが重要です。アドレス時から前傾姿勢を深くすること、そして腕をリラックスさせて少し緩めて左右に振りやすくしましょう。インパクト後も前傾姿勢を保って脇を閉め、ボールを上げようとせず、クラブ・ヘッドを低く振り切るように気を付けると、フェアウェイ・ウッドでも高い弾道のボールを打てるはずです。

相談者の感想

余計な知識ばかり増えて頭でっかちになり、毎回不安を感じながらボールを打っていましたが、今回、まず最初に直すべき点が(今更ながら)分かった気がします。体が伸び上がってしまっているため、トップするだけでなく逆にダフってしまうこともよくあります。これからも長くゴルフを楽しんでいけるよう、力を抜くことを意識しようと思います! ありがとうございました。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: email@shuriscountryclub.com
Web: ameblo.jp/shuriyasuda


しゅり先生プロフィル

1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る