しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第14回】

●今月のお悩み●
ティー・ショットが左に曲がったり、右にプッシュ・アウトすることが多く、ショットが安定しません。ミスを減らして、スコア・アップにつなげたいです。
重石さん(ゴルフ歴=30年)

1
2
3
4
5
6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

アドレスの姿勢、バック・スイング、ダウン・スイング、インパクトまで(写真1~4)素晴らしいです。ただバック・スイングのトップから手や腕の力が入り過ぎた場合、インパクト後に体重移動ができず、すぐに体が起き上がっているため(写真5)、ボールの上を叩いてしまうショットが多いのでしょう。手首が左方向に返っているため、クラブ・フェースの動きにズレを生み、左方向にボールが飛び、ショットが安定しないことがあるのでは。手首の使い方とクラブ・フェースの向きは比例するので、クラブを速く振るだけでなく、常に手首の向きに要注意。重石さんの場合、フィニッシュ時に体重を右足に残さないよう、左ひざを伸ばして踏ん張らず(写真6)、ひざにゆるみを持たせて体重を左サイドに移動させましょう。インパクトでボールを打つことよりも、ひじや腕の力を抜いて腕を左右に振るように気を付けると、手首が自然と正しい方向に動きボールの方向性が安定します。いつも同じリズムで同じスイングを心掛けましょう。

相談者の感想

上の分析写真からも、自分のショットの改善すべき点がとてもよく理解できました。力まず、同じリズム、同じスイングでクラブを振り抜くこと、そしてインパクト後は左側に体重を移動させることを常に意識して、きれいなフィニッシュとなるよう練習します。今回は貴重なアドバイスをくださり、どうもありがとうございました。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: email@shuriscountryclub.com
Web: ameblo.jp/shuriyasuda


しゅり先生プロフィル

1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る