しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第17回】

●今月のお悩み●
アプローチで、時々グリーン・オーバーをしてしまう悪いショットが出ます。いつも上手にできるようになりたいです。アドバイスをお願いします。
(高橋海斗君=5歳)

1
2
3
4
5

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

海斗君のグリップは小さい子によく見られるベース・ボール・グリップ(写真1)です。まずは正しいグリップを身に付けましょう。グリップの形は軽視されがちですが、ゴルフで最も大事で基本的なパート。正しいグリップは、正しい手首の使い方につながります。体が小さくて力も無いうちは良いのですが、体が大きくなって飛距離が出始めるとボールが曲がり、スコアがまとまらなくなります。グリップはどうしても力が入る形が身に付きやすいので、手のひらではなく、もう少し指の方でグリップを握るよう注意を。大きくなってからの修復は難しいので、今から頑張りましょう。そしてグリップが強いので、腕や肩、足にも力が入っています(写真1)。特に柔らかいタッチが必要なアプローチでは、腕も足もつっぱらずに少し曲げて力を抜きましょう。インパクトからの体重移動があまり無いので(写真4)、ボールを打ってから体重を左足側に移動し、フィニッシュでもう少し右のかかとが上がると(写真5)、アプローチも安定するはずです。

相談者の感想

レッスンの後から、正しいグリップで練習しています。しゅり先生に教えてもらったように、手のひらよりも指の方に力を入れるようにしたり、腕や足に力を入れすぎないようにしています。正しいグリップにだいぶ慣れてきました。体重移動も気を付けます。これからは、構えた時にうまく力を抜けるように頑張って練習したいです。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: email@shuriscountryclub.com
Web: ameblo.jp/shuriyasuda


しゅり先生プロフィル

1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る