しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第23回】

●今月のお悩み●
ドローの球筋が理想ですが、インパクトでフェースの向きが不安定なのか、フェード系のボールになりがちです。また、テークバックからインパクトまでのタメができいない気がします。(岡崎さん=ゴルフ歴25年)


1

2

3

4

5

6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

25年間、自己流でゴルフをしてきたという岡崎さんですが、とてもまとまったスイングです。バック・スイングからダウン・スイングに入る際に、手と腕が先に下り、体重の移動ができておらず、インパクトで両足が踏ん張ってしまっているようです(写真3)。そのためクラブが振り切れず、フェード・ボールが出るのかもしれません。
 まずはダウン・スイングで、体重移動と下半身の回転に気を付けましょう。写真3と4の時点で、もっと右足のかかとを上げる、もしくは右ひざを左ひざに寄せるなど、左サイドに体重を移動するとインパクトでタメができてきます。
 そして、インパクトからフォローに掛けて頭を残し過ぎているために、フィニッシュでまだ右足に体重が残ってしまっています(写真6)。ボールを打ってからはあまり頭を残さずに、左足に体重を全部乗せて真っすぐ立てるようにすると安定したスイングになるでしょう。また、右手のストロング・グリップ(写真1)を少し左側にかぶせるようにすると、クラブ・フェースの動きが安定します。ぜひトライしてみてください。

相談者の感想

アドバイス、ありがとうございます。体が軟らかくはないので、ダウン・スイングでの体重移動と下半身の回転を直していくのは難しいかもしれませんが、意識して練習を行っていきたいと思います。
 グリップは、気になっていた点ではあったのですが、どう直したら良いか分からなかったので、とても参考になりました。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: email@shuriscountryclub.com
Web: ameblo.jp/shuriyasuda


しゅり先生プロフィル

1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る