【特集】出場準備を始めよう!ランナーのためのイベント・ガイド

ランナー向けイベント・カレンダー

趣味として、運動不足解消のため、ダイエットのためなどランニングをする動機はさまざま。日常的に走ることに加え、マラソン大会などへの出場を目標にすればモチベーションも更に上がりそうだ。そこで、遊び心満載のビギナー向けのものから本格派のランナー向けまで、シドニーで毎年人気のランニング・イベントを距離別に一挙紹介。出場計画を立てて、ランニング・ライフを楽しもう。

【初級編】初めての挑戦にぴったり!10キロ未満の楽しいイベント


母の日の乳がんチャリティー・ラン

マザーズ・デー・クラシック

Mother’s Day Classic

テーマ・カラーのピンクの服で走る、毎年母の日開催のイベント。参加費は、女性だけでなく男性も発病するという乳がん研究に寄付される。4キロ、8キロのランの他、4キロ、7キロのウォーキングも。


■開催地:シドニー市内他、オーストラリア各主要都市でも同時開催 ■日程:5月14日(日)■Web: www.mothersdayclassic.com.au


カラフルに染まりながら走る!

カラー・ラン

The Color Run

春の訪れを祝って色粉や色水を投げつけ合うインドのホーリー祭を起源にアメリカで始まったランニング・イベント。事前配布される白いTシャツを着て、食紅などでできた粉を浴びながら走る陽気な5キロ。


■開催地:シドニー市内(別日程で各都市で開催)■日程:例年2月、8月 ■Web: thecolorrun.com.au


サンタクロースが街を駆ける

バラエティー・サンタ・ファン・ラン

Variety Santa Fun Run

参加費に含まれるサンタ・コスチュームで走る、オペラ・ハウスまでの楽しい5キロ。夏のクリスマス・シーズンの名物イベントで、病気や障害を持つ子どものためのチャリティーでもある。


■開催地:Darling Harbour(スタート地点)■日程:例年12月の第1日曜


バレンタインの下着ラン!?

キューピッド・アンディー・ラン

Cupid’s Undie Run

バレンタイン・デーの週末に下着姿で走るユニークなイベントだが、実は神経線維腫症(NF)の闘病患者のため真面目なチャリティー・ラン。1.5キロという短い距離なので気軽に楽しく参加できそう。


■開催地:シドニー市内(同日に各都市で開催)■日程:例年2月 ■Web: www.cupidsundierun.com.au/cities/sydney

番外編 走るのが苦手ならウォーキング・イベントも!


愛犬と一緒に参加できる

RSPCAミリオン・ポウズ・ウォーク

RSPCA Million Paws Walk

動物愛護の普及と動物虐待の防止を目的とする団体RSPCAが、毎年全国各地で開催するチャリティー・ウォーク。自慢の愛犬と散歩感覚で歩いた後は、会場で屋台フードや買い物などを楽しもう。


■開催地:シドニー市内(同日に各都市で開催)■日程:5月21日(日)■Web: www.millionpawswalk.com.au


シドニー湾の橋を制覇する

セブン・ブリッジ・ウォーク

Seven Bridges Walk

眺めの良いシドニー湾を時計回りに7つの橋を歩いて渡るイベント。全行程は28キロで開催は朝から夕方までだが、7つのポイントのうちどこからスタートしてもOK。日焼け対策を忘れずに。


■開催地:シドニー市内 ■日程:10月29日(日)■Web: www.7bridgeswalk.com.au

体験コメント

サンタ・ファン・ランに参加しました

晴佳さん(2015年参加/ランニング・イベントへの参加:年2回程度)


真夏の空の下、家族や友人たちとサンタクロースの格好をして走るということもあり、皆ノリノリで楽しさいっぱいのイベントです。走行距離は5キロですが、真剣に走っている人はごくわずかで、中には歩きながらおしゃべりを楽しむ人たちの光景も。普段走ったことのない人はもちろん、小さな子ども連れでも大いに楽しめるイベントだと思います。沿道には「がんばれ!」「君ならできる!」といった声援を送ってくれる人たちもいて、会場全体が温かな雰囲気に包まれていました。

【中級編】慣れてきたら挑戦!10キロ~ハーフ・マラソン

©Fairfax Media

仮装での参加もOK!

シティー・トゥー・サーフ

City2Surf

例年8万人以上が参加し、ハイド・パークからボンダイ・ビーチまでの約14キロを走る。ダーリングハーストのコカ・コーラの看板のある坂道を数万人が駆ける様子は圧巻。4月から申込受付。


■開催地:Hyde Park(スタート地点)■日程:例年8月中旬 ■Web: city2surf.com.au


走りやすいフラットなコース

シドニー・ハーバー10キロ&5キロ

Sydney Harbour 10K & 5K

ザ・ロックスを発着地としてバランガルー、ダーリング・ハーバーなどを通る平らで走りやすいコースが特徴で、距離の長い大会に向けた足慣らしにもぴったり。10キロか5キロを選んで参加できる。


■開催地:The Rocks(スタート地点)■日程:7月9日(日)■Web: sydneyharbour10k.com.au


大会の少ない夏の開催!

シドニー・モーニング・ヘラルド「サン・ラン」

The Sydney Morning Herald Sun Run

涼しい夏の朝にディー・ワイ・ビーチ近くからスタートし、マンリー・ビーチでゴール。7キロか10キロが選べ、コースはいずれもアップ・ダウンがある。翌日開催の水泳大会コール・クラシックと両方出場する猛者も。


■開催地:Dee Why Beach(スタート地点) ■日程:例年2月 ■Web: sunruncoleclassic.com.au


リレー参加も可の21キロ

シドニー・モーニング・ヘラルド・ハーフ・マラソン

The Sydney Morning Herald Half Marathon

初心者から上級者まで広く人気のあるハーフ・マラソン。ハーバー・ブリッジ、オペラ・ハウス、植物園などシドニーの美しい建造物や景色を肌で感じられる21キロだ。チャリティー参加も可。


■開催地:College St., Sydney(聖メアリー大聖堂横/スタート地点)■日程:5月21日(日)■Web: smhhalfmarathon.com.au

体験コメント

シティー・トゥー・サーフに参加しました

BBKさん(2012年参加/ランニング・イベントへの参加:ハーフ・マラソン年1回程度)


親子でのんびり歩きながら、あるいはベビー・カーを押しながらなど、のんびりと楽しむ方が多いお祭り要素の強いランニング・イベントです。距離は14キロと長いですが、歩いて参加する人も多いので初心者にもお勧め。ただ、シティーからボンダイ方面に向けてひたすら登り坂が続くので、もし本格的に走ろうとするとかなりの難コースと言えます。スタート・エリアはかなり混雑し走るのも困難なので、最初から走りたい方は早めにスタンバイした方が良いでしょう。

【上級編】万端の準備で、目指すはフル・マラソン!


舗装道路から外れて冒険しよう

アンザック・デー・チャレンジ

Anzac Day Challenge

長距離走からの更なるチャレンジを求めている人にお薦めの、山道を走るトレイル・ラン。距離は25キロ、40キロ、65キロ、そして最大の難関は100キロの制限時間24時間の「アンザック・デー・チャレンジ」。


■開催地:St. Ives Showground(450 Mona Vale Rd., St Ives/スタート地点)■日程:4月23日(日)■Web: www.anzacdaychallenge.com.au/biganzac/index


QLD州の大会に遠征!

ゴールドコースト・マラソン

Gold Coast Airport Marathon

シドニーや海外からの参加者も多く、毎年日本人も有名選手など1,000人ほどが参加。5.7キロ~フル・マラソン、車いす部門まで、美しい海沿いを走る。会場には日本語を話すボランティア・スタッフも。


■開催地:Anzac Park, Marine Parade, Southport QLD ■日程:7月1日(土)、2日(日)■Web: goldcoastmarathon.com.au


ハンター・バレーを走ろう

ワイナリー・ランニング・フェスティバル

Winery Running Festival

フル・マラソン、ハーフ・マラソンの他、52.5キロのウルトラ・マラソン、10.3キロ、5キロ、2キロのキッズ・マラソンまで、空気のきれいな自然の中を走れる。出場後はワイナリーで試飲やランチを。


■開催地:Hunter Valley Gardens ■日程:7月16日(日)■Web: wineryrun.com


プロ・アマ問わず人気のレース

シドニー・ランニング・フェスティバル

Blackmores Sydney Running Festival

フル・マラソン(通称シドニー・マラソン)、ハーフ・マラソンの他、9キロ、3.5キロがあり、全コース共通でハーバー・ブリッジを渡り、ゴールはオペラ・ハウス横の植物園。例年3万人以上が参加する。


■開催地:シドニー市内 ■日程:9月17日(日)■Web: www.sydneyrunningfestival.com.au

体験コメント

シドニー・マラソンに参加しました

結子さん(2016年参加/ランニング・イベントへの参加:年5~7回)


半年ほど前からトレーニングを始めて徐々に走行距離を伸ばしました。当日は2年連続で小雨。スタート前に体が冷えないよう、また路面のすべりやすさに注意です。トイレの位置をあらかじめ確認し、ティッシュは必ず持参します。フル・マラソンの半分は飽きとの戦いなので、ジェルの味を変えたりバナナやプロテイン・バーなど補給食のお楽しみや、音楽などのエンタメを用意し、ランニング用ポーチなどに入れるか、決めておいた地点で友達などに渡してもらうと楽です。マメな水分補給も忘れずに。

書籍プレゼント

全ランナーに役立つ、出場前の必読本


『マラソンで絶対にしてはいけない35のこと』

シドニー最大の日本の古書籍買取・販売店「ほんだらけ フル・オブ・ブックス」から、新品同様の書籍『マラソンで絶対にしてはいけない35のこと』(著:中野ジェームズ修一/講談社)を1名様にプレゼント。クルム伊達公子選手などのトップ・アスリートを支えてきたフィジカル・トレーナーの著者が、マラソン前日、当日、海外大会などのシーン別に「やってはいけないこと」や「やるべきこと」など大会必勝法を解説する。応募は下記ウェブサイトから。

■応募先Web: nichigopress.jp/campaign ■応募締切:3月31日(金)■提供元:ほんだらけ フル・オブ・ブックス(Web: fullofbooks.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る