【PR】新制度導入 ワーキング・ホリデー・サード・ビザについて

PR

ワーホリで3年間の滞在が可能になる
サード・ビザについて

オーストラリア政府は昨年11月、サード・ワーキング・ホリデー・ビザ(以下、サード・ビザ)を発給すると発表した。これはセカンド・ビザを保持している人に、一定の条件を満たせば3年目のオプションを与えるというもので、世界的に見ても例のない取り組みだ。今までと比べてどこが変わり、何に注意しなければならないのか。サウスポートの頼れるビザ・エージェント「OZ Shine Migration」の小澤光史さんに話を伺った。

オーストラリアの地方では、農業、漁業、建設業などで人手不足が深刻化している。その対策としてオーストラリア政府は、ワーキング・ホリデー・メーカー(以下、ワーホリ)がもう1年滞在できるように政府が指定する地域、業種で3カ月以上働いた実績を条件にセカンド・ビザを発給してきた。そして更にもう1年、ワーホリとして3年間滞在できるサード・ビザを発給することを昨年11月に発表した。サード・ビザの申請には、6カ月以上、特定の地域、業種で働いた証明が必要となる。地域、業種の確認は政府のウェブサイト(immi.homeaffairs.gov.au/visas/getting-a-visa/visa-listing/work-holiday-417/specified-work)を参照。

ワーホリ・ビザで働ける期間

ワーホリ・ビザがあれば、フルタイムで働きながらオーストラリアに1年間の滞在が可能となる。働くには同じ雇用主の下で最長6カ月という期間の制約があるが、それ以外は、基本的に自由に働ける。例外的にノーザン・テリトリーの農畜産業で働くか、同一雇用主の下でも異なる地域なら最長12カ月働くことが認められるケースもある。

ワーホリでオーストラリアにもっと長く滞在したいなら、セカンド・ビザを申請することができる。ただし申請には条件があり、ワーホリの期間中に政府が指定する地域で、3カ月以上特定の業種で働いたことを証明する書類が必要となる。

このセカンド・ビザがあれば、もう1年働きながら滞在することができるが、今回のサード・ビザの発給で更に1年延長が可能になる。

サード・ビザ申請の注意点

サード・ビザは7月1日に施行されるが、申請に必要な条件などが変更される可能性もある。正確な情報は7月1日以降にならないと分からないので、申請を考えている人は移民局の発表をしっかり確認しよう。

現時点で、注意しなければならないのは、7月1日以降に、政府が指定する地域で6カ月以上特定の業種で働いたことが条件になっている点だ(地域や業種はセカンド・ビザの条件に順ずる)。

つまり、7月1日以前に働いた実績はサード・ビザ申請の条件の対象にはならない。またセカンド・ビザ申請中のブリッジング・ビザの期間に所定の条件に合致する労働を行った場合は働いた日数に追加することができる。

申請費用は450ドルと予定され、オーストラリア国内からの申請が可能で、国外からの場合はサード・ビザ発行から1年以内の入国が必要など、原則セカンド・ビザの規定に順ずる予定になっている。

サード・ビザの取得が可能かきちんと確認したいのであれば、7月1日以降にビザ・エージェントに相談してみよう。

サード・ビザのメリットは何か

3年間、働きながらオーストラリアに滞在できるため、将来のスポンサー企業を見つけて、ビジネス・ビザを取得する際にも有効と考えられる。

一般的に、ビジネス・ビザを発給する意向を持つ雇用主が人を雇う時、募集する職種の経験が2年以上など即戦力となる人材を前提条件としている。

サード・ビザを取得すれば、延長した1年間はキャリア・メイクのためにフルに働けるようになる。もちろん1~2年目にも経験を積む必要があるが、2年以上の実務経験を作り上げることが可能になる。

しかし、サード・ビザの条件には特定の地域、業種で6カ月以上の勤務実績が必要。そのため、例えばシェフとして働くことを目標にして、全く経験のない所から2年間の経験を積み上げるとしても、6カ月はサード・ビザ取得の条件に合う仕事をしなければならない。そのため、モチベーションを高く持ち、目標に向かって努力することが大切になる。

ビジネス・ビザ取得につながる2年以上の実務経験を作るためには、目先のことばかりではなく、1年目からしっかり計画を立てなければならない。

将来、オーストラリアで働きたいと考えている人にとっては、キャリアを積み上げるための道筋が1つできたことは歓迎できることだ。もしサード・ビザに関する相談などがある場合はOZ Shine Migrationに気軽に問い合わせてみよう。有益なアドバイスを得ることができるだろう。

OZ Shine Migration
■住所:Suite 2107, Southport Central, 5 Lawson St., Southport(タワー2Dの1階)
■Tel: 0413-460-767(日本語)
■Email: koshi.o@ozshine.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る