厳しくなる移民法、2014-15年度の永住ビザの受け入れ人数は?

Q 私は現在オーストラリアの永住ビザを申請したいと考えています。友人からオーストラリアの移民法がどんどん厳しくなっていると聞いています。そして、毎年新年度になるとオーストラリアの政府が永住権の申請者受け入れ人数を発表すると聞いています。2014-15年度の受け入れ人数は何名となるか教えてください。(25歳学生=女性)

 

A 質問者の人がお聞きになりたい2014—15年移住プログラム(Migration Program)は2014年5月移民局によって発表されました。今回は昨年の移住計画とほぼ同じ水準での受け入れとなっており、昨年と大きな変更はありません。したがって受け入れ人数だけから見れば昨年とほぼ変わらない人数となっています。しかしながら、個別の法律を見ると厳しくなっているカテゴリーのビザもあれば申請しやすくなっているカテゴリーもあります(詳しくは次の表)。

2009–10 、2012–13移住プログラムの結果 と2013–14 、2014-15の計画

 カテゴリー 2009–10 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14計画 2014–15計画
 家族移住
 配偶者 44 755 41 994 45 150 46 325 47 525 47 825
 子供 3 544 3 300 3 700 3 850 3 850 3 885
 家族他 2 468 750 1 252 1 285 585 500
 父母 9 487 8 499 8 502 8 725 8 925 8 675
 家族移住合計 60 254 54 543 58 604 60 185 60 885 60 885
 家族移住の割合 35.70% 32.30% 31.70% 31.70% 32.00% 32.00%
 技術移住関連
 雇用主指名 40 987 44 345 46 554 47 740 47 250 48 250
 地方独立(RSMS) 11 120 16 471 20 510
 独立技術 37 315 36 167 37 772 44 251 44 990 43 990
 州・準州・地方スポンサー 18 889 16 175 22 247 21 637
 スキルドオーストラリアンスポンサー 
(Skilled Australian sponsored)
3 688 9 117 11 800 8 132
 州・準州・地方指名 28 850 28 850
 特殊技能者 199 125 180 200 200 200
 投資・起業関連 6 789 7 796 7 202 7 010 7 260 7 260
 オーストラリア国内における
 11月1日特別枠
1 0 0 3 0 0
 技術移住合計 107 868 113 725 125 755 128 973 128 550 128 550
 技術移住の割合 64.00% 67.40% 68.00% 68.00% 67.70% 67.70%
 特別資格移住合計 501 417 639 842 565 565
 移住プログラム合計 168 623 168 685 184 998 190 000 190 000 190 000
オーストラリア2014-15年度移住プログラムの永住権枠は19万人となっています。

● 12万8,550名の技術移住者(雇用主指名移住(Employer Sponsored)、独立技術永住(General Skilled)、ビジネス・カテゴリー(Business Categories)を含む)
● 6万885人の家族移住者(親族スポンサーシップを含む)
● 565人の特別資格移住者(オーストラリアにてのビジネス、文化または個人的な交流を維持している元永住権保持者) 

 この移住プログラムの主な目的は、経済を築き上げること、社会を発展すること、労働市場を支えることと家族の再会です。

オーストラリアに移住する人々の中68%は技術移住者、32%が家族移住となっています。

●技術移住者(Skilled Migrant):38%雇用主指名移住、34%独立技術移住、22%準州・地方スポンサー付、6%はビジネス・ビザ
●家族移住者(Family Migrant):79%配偶者、14%父母、6%子ども、1%そのほか


山口 正人(やまぐち まさひと)
日本ブレーン・センター・オーストラリア

移住NSW大学オーストラリア経営大学院にてMBA(経営学修士号)を取得。投資銀行を経て、シドニーで日系のビザ・コンサルティング会社、(株)日本ブレーン・センター・オーストラリアを設立。著書に『オーストラリア・ビザ・ガイド』(アルク出版)など。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る