教えて!不動産売買の常識/新たに、不動産投資が注目されている理由は?

教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyのジャスミン・キム(Director of Sales)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

新たに、不動産投資が注目されている理由は?

世界的な経済低成長と低金利を背景に、新たな資金運用先として不動産投資が注目されています。預貯金にほとんど利子が付かない低金利が続く中で、株式投資、投資信託、FXなどで積極的な資産運用を行う人が増えており、不動産投資も「ミドルリスク・ミドルリターン」な資産運用先の1つとして人気を集めています。特に、毎週安定してレント収入を得ることができるオーストラリアでの不動産投資は、将来的な年金不安を補う「自分年金」に適しているとされ、退職金の運用先としても注目されています。

不動産投資が、株などの他の金融商品とどこが違うのかというと、基本的に全ての金融商品には「リスク(不確実性・危険性)」と「リターン(見返り)」が存在し、これらはある程度比例すると言われています。

例えば不動産投資を株式投資と比べた場合、短期間で大幅に価格が上下動する株式投資と比べれば、リスクは少なくリターンも比較的安定しています。一方でリスクが少ない金融商品の代表と言える預貯金と比べると、不動産投資にはリスクがあるものの、預貯金よりはもちろん高いリターンを得ることができます。このようなことから不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資商品と言われています。

不動産投資には購入する物件を担保に資金調達できるという特徴があり、まとまった自己資金を必ずしも必要としない上、オーストラリアにはネガティブ・ギアリング(Negative Gearing)などの不動産投資家向けの独特な減税制度もあるため、不動産投資が一般化する中では会社員を続けながら不動産投資を始める「サラリーマン大家さん」が増えています。「RP Data」の「不動産投資家の実態調査」によると、賃貸物件オーナーの43%は会社勤めと並行して不動産投資を行っています。また、年齢構成についても40代が35.2%と最も多く、30代も22.8%と、比較的若い30~40代が積極的に不動産投資を行なっていることがわかります。つまり、30~50代が中心で、4割以上は「サラリーマン大家さん」です。不動産投資はしばしば「若いうちは手が出せない」「お金持ちがやるもの」というイメージで語られますが、オーストラリアでは実際に不動産投資の敷居が徐々に低くなっており、30~40代の「サラリーマン不動産投資家」が増えてきています。皆さんも不動産投資家になってみませんか?


ジャスミン・キム
NSW州不動産業者免許所持。実践的な日本語不動産セミナーを2009年から開催。分かりやすいと定評のある、不動産コンサルティングのエキスパート。日本人2,000人以上を含む8,000人以上の顧客の不動産コンサルティングに携わる。「自分が納得できないものはお勧めしない」をモットーに常に消費者目線で、日々市場調査に余念がない努力家。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る