NSW・VIC州境、1か月以内に閉鎖解除に

「このまま新陽性者低率が続くなら」

 10月19日、グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、「VIC州でこのまま低い新陽性者発生率を保てるなら1か月以内にNSW・VIC州境の閉鎖解除もあり得る」と語った。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 ベレジクリアンNSW州首相の発言の前には、ダニエル・アンドルーズVIC州首相が、「今週中にもNSW、SA両州がVIC州郡部との州境開放を実施するよう希望している」と語っている。

 これに対してベレジクリアン州首相は、「VIC州でコロナウイルス社会規制を大幅に緩和した後に2週間待ち、新陽性者発生が大幅に上昇しないようなら州境を開放しても安全だと判断できる」と語った。

 さらに、「メルボルン都市圏で5km規制が25kmに緩和されたことはVIC州の接触追跡システムを試すいい緩和だと思う。その結果が好ましいものであれば、7月6日以来閉鎖してきた両州州境を早ければ11月上旬にも開放したい」と語っている。

 また、「VIC州で大幅に規制を緩和しても前回のような手のつけられないアウトブレークにつながらなければ安心して州境を開くことができる」と語っている。

 VIC州では今回の規制緩和からちょうど2週間後の11月2日またそれ以前にメルボルン都市圏でさらに規制を緩和することが予定されており、ホスピタリティ、小売り両業界の営業再開が認められることになる。また、人数制限付きで家族や友人の住宅を相互に訪問することができるようになる。

 しかし、VIC Tourism Industry Councilのフェリシア・マリアニCEOは、「州内の自由な往来を解禁する時期や条件を具体的に示して欲しい。NSW、SA両州の州民がVIC州郡部に旅行する見通しが出てきたことは歓迎するが、経済の困難に直面している州郡部にとって最大の利益はVIC州民が州内を自由に旅行できるようになることだ」と語っている。

 さらに、「2019年のクリスマス・シーズンにはブッシュファイアのため、VIC州郡部の事業所の多くが経済的な困難に見舞われた。この夏に州の経済活動の高まることがなければ相当な数の事業所が破綻するだろう」と語っている。
■ソース
NSW-Victoria border could reopen within a month

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る