平和に終わった「侵略の日」抗議集会の後で逮捕者

警官隊の移動命令無視した一部解散グループ

 1788年1月26日に第一次移民船団がシドニー・ハーバーに停泊した日を記念する「オーストラリア・デー」に対して、1月26日を先住民族アボリジニの土地に対するヨーロッパ人の侵略の日とする「侵略の日」抗議集会が国内各地で開催された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 シドニーのドメインではコロナウイルス社会規制に合わせた配置で抗議集会が平和裡に進んだが、その後、解散した一部のグループがハイド・パークに集まったため、警官隊が移動を命じたが応じなかった。警察は、コロナウイルス感染防止を目的とする公衆衛生命令違反で4人を逮捕した。

 同日、ドメインの抗議集会には2,000人以上が集まったが、集会の人数上限を500人とするコロナウイルス規制があるため、参加者はマスクを着けた上でドメイン敷地内で500人ずつのグループに分かれ、グループ同士の間に距離を取って警察の介入もなく進み、昼頃には解散し始めた。この集会の後でデモ行進も予定されていたが社会規制を盾に警察側が反対していたため、デモ行進は中止されていた。

 しかし、解散したグループが近くのハイド・パークに集まり始めたため、警察がコロナウイルス社会規制違反の警告を発し、移動を命令した。しかし、一部の者が命令に反し、警官隊と口論になったことから警察が4人を逮捕した。

 逮捕者のうち2人はコロナウイルス社会規制違反、1人は公務執行妨害、1人は警官に対する暴行で起訴される見こみと発表されている。

 1月25日、州警察は、「ドメインの抗議集会が大きくなりすぎるとコロナウイルス規制違反で罰金または逮捕もあり得る」と警告していた。

 また、この抗議集会には警備の警官隊も増員しており、「500人ずつに分割することで集会を認める」としていた。

 NSW州警察のミック・ウィリング副長官は、「4人の逮捕はドメインの抗議集会とは別の事件。ドメインの集会は、主催者と警察の間で、500人ずつのグループに分けて、互いに距離を取ることで合意があった。しかし、レッドファーンまでのデモ行進は中止されている。
■ソース
Four arrested in Sydney’s Hyde Park after peaceful Invasion Day protest at The Domain

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る