海外からの旅行者、一時帰郷の海外居住者で満席

数少ないフライトに海外残留国民が帰国できず

 2020年12月にオーストラリアに入国した35,000人のうち、3分の1近くが海外からの旅行者やクリスマスに家族と過ごしたいとする一時帰国の海外居住者で、帰国を希望している海外残留国民は席を手に入れられない状態が続いていると報道されている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 豪統計局(ABS)が発表した数字によると、12月の入国カードには10,640人が、「visitor」と記入している。帰国オーストラリア国民や永住権者は17,610人、また、2480人が一時帰国のオーストラリア人だった。

 一方、コロナウイルス・パンデミックのために海外に残留を余儀なくされており、外務貿易省(DFAT)には帰国希望と申告している海外残留国民は39,000人にのぼっている。また、そのうち5,000人が基礎疾患その他の理由を持っており、優先的に帰国させなければならない「バルネラブル」国民と見なされている。

 一方、国際線を運行している航空会社はしばしばエコノミー・クラス航空券のフライト予約をキャンセルしているが、経済力があり、ファースト・クラスやビジネス・クラスの航空券を購入できる者は早めにフライトに席を獲得できる。

 ファースト、ビジネス・クラス料金と2週間のホテル隔離料金を払ってオーストラリアに入国する人の中には死期の迫った家族を見舞うためとか、葬儀に立ち会うためなどやむを得ない事情の人もいるが、2020年第2四半期には「visitor」は全入国者の18%だったが、第3四半期には25%、クリスマスを含む第4四半期には31%にのぼっている。

 オーストラリア政府の報道担当者は、「政府としては海外残留国民の帰国をできる限り支援している。政府としては、民間商業フライトの席がある範囲でバルネラブルと判断される国民の帰国を優先している。DFATは、2020年3月以来41,000人の国民の帰国を援助してきた。そのうち15,000人以上が政府手配の109便のフライトで帰国している」と語っている。

 政府の回答に対して、アンドルー・ジャイルズ労働党議員は、「帰国を希望する海外残留国民が海外からの旅行者や一時帰郷介在居住国民とフライトの席を取り合いしなければならないこと自体がおかしい。スコット・モリソン連邦首相が、ジェーン・ホルトン氏の専門アドバイスを受け入れ、安全で公平で持続性のある全国統一隔離制度を創設し、昨年クリスマスまでに帰国希望の海外残留国民の帰国を実現していれば今のようなぶざまな事態にはなっていなかった」と発言している。
■ソース
‘It’s not fair’: Visitors taking seats from stranded Australians on scarce flights

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る