NSW州、新たに239人がコロナウイルス陽性

2020年3月パンデミック発令以来最悪記録

 7月29日付ABC放送(電子版)は、同28日午後8時までの24時間の検査で新たに239人が陽性と判定されたことを報道している。

 この数字は2020年初頭にNSW州で最初のコロナウイルス患者が発生して以来同州で最悪の記録になっており、現在の状況から今後さらに増え続けると予想されている。

 そのため、州政府はさらにロックダウン規制の強化を発表した。

 29日の規制強化対象は、現在コロナウイルス感染状況がもっとも険悪になっているシドニー都市圏南西部及び西部の8市域で、7月28日深夜から実施されているロックダウン4週間延長その他の新規制に加えて、この8市域の市民は買い物、運動でも自宅から5km以上離れることはできない。

 グラディス・ベレジクリアン州首相は、「今後事態がさらに悪化した後になってようやく改善の兆しが現れるのだろうと思う」と語っており、ケリー・チャント主席医務官も「今後さらに死者が出ることが予想される」と語っている。

 30日午前零時1分より、この8市域の市民は、自宅を出る時には必ずマスクを着用すること、買い物も自宅から5km以内で済ませること。ただし、その圏内で必要な商品が手に入らない場合にはこの限りではない。また、単身生活者は、居住を共にしない誰か1人を選定して互いに訪問し合うことが許される「シングルズ・バブル」も、自宅から5kmを超えることはできない、などとなっており、ベレジクリアン州首相は、「このような規制は、職場、家庭、医療機関での感染がかなりの高率になっているための措置だ。やり方を変えない限り、感染者の数は増え続けるばかりだ。このような措置は国内のこれまでのロックダウンでももっとも厳しい制限になるが、これ以上にまだ説明が必要とは思わない」と語っている。

 また、ミック・フラー州警察長官は、「この8自治体域の規制遵守を監視するため、千人を超える警察官がパトロールして回る。今日の感染者数は余りにも多すぎる。誰しも早くロックダウンを終わらせたいと思っている。この新しい権限は1日も早くロックダウンを終わらせるための措置だ」と語っている。

 マスク不着用の罰金はこれまでの$200から$500に引き上げられるなど全体にわたって厳しい措置が敷かれることになる。

 チャント主席医務官は、「現在、コロナウイルス患者182人が入院しており、そのうち54人がICU、さらにICU患者のうち22人が人工呼吸器を着けている。また、239人のうち66人が感染力のある時期に自宅を出て市中を移動していた」と語っている。
■ソース
NSW records 239 new COVID cases ? the highest daily number since pandemic began

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る