「密告がオーストラリア精神とは思わなかった」

アボット元連邦首相、公衆衛生命令違反で罰金

 9月11日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)は、マンリー・ビーチでマスクを着けずに歩き回っていたトニー・アボット元連邦首相の姿を市民が撮影し、通報したことから警察がアボット氏に$500の公衆衛生命令違反罰金通告書を発行したことを伝えている。

 9月8日、アボット氏は、メイン・ビーチに近いフェアリー・バワーでマスクを着けずに友人と話しているところを目撃されている。

 9月11日、NSW州警察もアボット氏に対して罰金通告書を発行したことを明らかにする声明を発表している。

 警察に通報した市民は、「アボット氏はかなりの時間、その辺をうろつき、友人と話し込んでいた」と語っている。

 一方、アボット氏は、罰金通告書を受け取ったことを認めた上で、「自分は公衆衛生命令に従って行動しているつもりだった。二つだけ言わせてもらいたい。まず、自分は、妥当に解釈しても法律に違反していると思っていなかったが、警察の時間を無駄にするつもりはないので罰金に対して異議を申し立てることはしない。もう一つは、警察に通報することがオーストラリア精神に沿ったこととは思っていなかった。現在のような衛生警察国家的な意識を一刻も早く捨て去ることができればいいことだと思う」と発言している。

 9月11日の記者会見に立ち会ったブラッド・ハザードNSW州保健相は、アボット氏の罰金処分に関してコメントを避け、「誰でも公衆衛生命令に従わなければならない。何者であるか、どんな地位に就いたことがあるかなどは関係ない。命令は命令だ。誰もこのような命令を好きなわけではないが、人々の安全のため、誰もがこの命令に従うことを望む」と語った。
■ソース
‘I am not going to waste police time’: Tony Abbott fined for not wearing a mask

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る