TAS州南部で3日間の緊急ロックダウン

31歳の旅行者、ホテル隔離違反

 10月15日付ABC放送(電子版)は、TAS州ホバート市で31歳の旅行者がホテル隔離違反を行ったため、州南部に3日間の緊急ロックダウンが発令されたと伝えている。

 ピーター・ガトウェイン州首相は、「この旅行者は当局の調べにも非協力的な態度を続けている」と語った。

 ロックダウン実施の地方自治体は、ブライトン、セントラル・ハイランズ、クラレンス市、ダーウェント・バレー、グラモーガン=スプリング・ベイ、グレノーキー、ホバート市、ヒュオン・バレー、ソレル、サザン・ミッドランズ、タスマン、キングバラと発表されている。

 ガトウェイン州首相は、「この男性は、コロナウイルス・デルタ株陽性と判定されながら隔離ホテルを抜け出し、18時間にわたって市中を移動していた。調べにも非協力的で、隔離ホテルを抜け出していた間の行動についても明らかにすることを拒んでいる。男性が協力しない以上、あらゆる状況を予想して措置を講ずるしかない。デルタ株アウトブレークが起きないと確証を得るまでできる限りの対応をしなければならない。そのため、15日午後6時より18日午後6時までホバート市を中心とする南部一帯をロックダウンする」と発表している。

 このロックダウン中、市民はごく限定された理由以外で自宅を出ることができず、また12歳以上の者は全員外出時にはマスクを着用しなければならない。

  ロックダウン地域ではこれまでのシドニーやメルボルンと同じ規制が敷かれている。

 この事件のため、州西部海岸地域のクィーンズタウンで10月15日に始まる予定だったUnconformityアーツ・フェスティバルが開催中止になった。このフェスティバルは3年ぶりの開催予定で、開かれていればクィーンズタウンの経済に50万ドルが入る見込みだった。

 31歳の違反者は10月11日にメルボルンから飛行機でホバートに入ったが、有効な州境パスを持っておらず、そのままホバート市内の隔離ホテルに連行されたが、12日午後、警備員のチェックで男性が部屋から姿を消していることが明らかになった。同日午後4時45分、警察官がブリッジウォーターの民家を訪ねてこの男性を発見、州政府が直接管理する医療ホテルに連行した。

 この男性は、11日夜に隔離ホテルのトラベロッジを抜け出した後、近所の防犯カメラに姿を捉えられている。しかし、男性がどうやってホテルを抜け出したのかはまだ判明していない。

 州議会でガトウェイン州首相は、「男性はマスク着用も拒否しており、非常に非協力的な態度を続けている」と発表している。

 この事件のため、ジェットスター機、ホバート空港、ウールワース・ブリッジウォーターなどが感染の憂慮される施設として措置を受けている。

 警察は、「この男性は州の州境規制違反とホテル隔離逃亡などで$3,000程度の罰金を言い渡される見込み」と発表している。
■ソース
Hobart region to enter three-day lockdown after COVID hotel quarantine breach

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る