ペロテーNSW州首相、PCR、RAT両者一体で運用と

公衆衛生命令でRAT陽性の報告義務化

 1月12日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)は、NSW州のドミニク・ペロテー州首相が、通常のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査と迅速抗原検査法(RAT)検査について新しく公衆衛生命令を定めたことを伝えている。

 この公衆衛生命令では、PCR検査とRAT検査を両者一体で運用するとしており、個人で検査できるRAT検査について、陽性判定が出た場合にはService NSW appを使って報告することが義務づけられており、違反に対しては最高$1,000の罰金が科せられる。

 ペロテー州首相は、「現在の急激な感染の広がりを考えると、現在、一般市民はRATキットが手に入らず、あるいは高くて買えない場合には無料のPCR検査を受けに行くしかないため、NSW州はRATとPCRとの双方の検査法を必要としている」と発言した。

 また、「RATを主軸として、PCR検査をそれに補完する検査法として運営していきたい。また、RATキットの供給量が今後増えていけば、2022年には普通の生活の一コマと考えられるようになるだろう」と語っている。

 RATキットを買えない市民はテストを受けないようになるのではないか、との質問に対して、ペロテー州首相は、「まだまだ大勢の市民がPCR検査を受けに来ている。これはいいことだ」としている。

 さらに、「将来的な無料RATキット配布については連邦政府と協議を続けており、NSW州政府として、Dine and Discoveryのように、オンライン・バウチャーを使って一定数を供給することも提案してきたい。ただ、無料キットが広く行き渡るようになるかどうかについては確実なことは言えないが、僻地のアボリジニ・コミュニティにはアウトリーチ・プログラムを通じてRATキットを供給する体制が既に始まっている」と語っている。

 また、「規則が変更になり、RATキットで陽性と判定された場合にはPCR検査は要らなくなっている。これが何を目的としているかと言えば、PCR検査会場にかかっている重圧を緩和することができると語っている。
■ソース
Australia news LIVE: More than 50,000 positive COVID-19 RAT tests uploaded to Service NSW app; Novak Djokovic visa saga continues

 CJM Lawyers  幌北学園 nichigowine  kidsphoto
日豪プレス 配布場所      日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る