NSW、ACTのブッシュファイア・ライブ速報

郡部消防局、異常気象で複数の緊急警報

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が発表した。

午後1時26分: キャンベラ北西NSW州クエンビヤン鉄道駅の近くで火災発生のため、NSW Train Linkはクエンビヤンとキャンベラとの区間の運行を停止したと発表。シドニー発キャンベラ行きの列車がゴルバーン駅で運行を中止し、乗客はバスで代替輸送。

午後1時42分: キャンベラ空港はブッシュファイアの煙のため、民間航空は閉鎖、施設は消火用航空機の基地に充てられている。また、空港自体には火災の被害はない。NSW州南部海岸地域ベガとモルヤの間の地域で24万ヘクタールが火災。火炎前線はワゴンガ・ドライブ方面に移動中。

午後1時51分: スノーイー・マウンテンに近いグレン・アレン地区で「緊急」レベルのブッシュファイア炎上中。

午後2時27分: スノーイー・マウンテンのスノーイー・モナロ地区で大型消火航空機、エア・タンカーが放水作業中に墜落した模様。複数のヘリコプターが捜索活動中。

午後3時5分: NSW州南部海岸地域でバジャ・フォレスト・ロード火災のため、プリンセス・ハイウェイがコバーゴとティルバ・ティルバの間で通行止め。さらに南、エデンの南ナラバーバとVIC州境との間でも通行止め。VIC州に入る道路はボンバラ経由のモナロ・ハイウェイ、デレゲート経由のデレゲート・ロード、インジェビラ経由のバリー・ウェイも通行止め。

午後3時14分: NSW州とACTで合計85箇所のブッシュファイアが発生、うち6箇所が「緊急」レベル。RFSは、南の方から風向きが南に変わっており、火災の進行方向が予想できなくなっている。

午後3時22分: 南部高原地帯バンダヌーンでは郡部消防局の消防車が炎上、消防士は脱出。消火作業中だった家屋は全焼した。

午後3時42分: 国内の配電事業者の市場調整機関、AEMO(Australian Energy Market Operator)は、午後2時30分から午後6時までの時間帯の「備蓄欠如2市場通告」を予想している。この通告は停電予告ではなく、発電事業者にこの時間帯の発電量増量を促すもので、AEMOは、「高気温、ブッシュファイアのために送電施設が脅かされていること、また石炭火力発電の臨時発電停止などが原因」としている。
■ソース
NSW, ACT fires LIVE updates: RFS issue multiple emergency warnings amid extreme heat

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る