トイレット・ペーパー買いだめで女性2人大ゲンカ

ウールワースに警察官出動し仲裁

 3月7日朝、シドニー都市圏南西部のスーパーマーケット、ウールワースでトイレット・ペーパーを店の制限個数以上に買おうとした女性客と一つ分けてくれと言った他の女性客との口論がつかみ合いのケンカになったため、店側が警察に通報し、出動した警察官が2人を引き離す騒ぎになった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 2人のケンカは他の買い物客がスマートフォンでビデオに撮ってツイッターで流しており、当日のうちに閲覧回数が21万回を超えている。

 シドニー都市圏南西部チュロラ地区のウールワースの店内で、女性一人が、ショッピング・トロリー山盛りにトイレット・ペーパーのパッケージを積んだ親子の女性2人連れに、「一つ分けてくれ」と声をかけており、相手の母親が、「一つでもだめだ」と拒否し、トロリーを体で隠している。さらに3人目の声が「制限はいくつだ?」と聞こえてくる。品切れが続いており、スーパーマーケットはどこも一回の買い物で個数制限をかけている。

 店員が何人か二人を分けようとしているが、そのうちに2人がつかみ合いのケンカを始めたため、警察官が出動している。

 NSW州警察は、「午前9時30分にチュロラのウールワースから通報があり、出動した。49歳の女性が暴行された。逮捕者は出ていない」と発表している。

 バンクスタウン警察管区のアンドルー・ニュー警部補代理は、「商品の補充が続いており、パニック買いする必要はないのだが、パラセタモール、缶詰食品、トイレット・ペーパーが買いだめされている。サンダードームでもマッド・マックスでもないのだから、ケンカまでする必要もない。3人の女性について情報がある人は警察に通報してもらいたい。もし、犯罪行為があったのなら捜査し、裁判所に送る」と発表している。

 ウールワースも声明を発表し、「店ではどんな暴力も容認しない。警察がこの事件を捜査しており、ウールワースは全面的に警察に協力している」と述べている。
■ソース
Toilet paper shortage from coronavirus panic buying sees argument break out at Woolworths in Sydney

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る