今年の法改定で知っておかなければならないこと

初めての持ち家、共稼ぎ世帯などに朗報も

 2020年に施行される新法制や法制改定など知っておかなければならないことがいくつかある。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 初めての持ち家の新プログラムは中低所得者を対象にしており、5%の頭金で住宅を購入できるとしている。この制度は、毎年度最高1万件の住宅ローンを支援する計画で2020年1月1日から施行され、「早く来た者から有利な条件が得られる」ことが基本になっている。

 2019年5月選挙の前に保守連合が公約していたこの制度では、シドニーの住宅不動産なら最高価額$700,000、NSW州内の他の地域なら$450,000までのみとなっている。

 VIC州であれば、メルボルンの住宅不動産なら$600,000、それ以外のVIC州全域で$375,000の不動産とされている。制度利用者は、単身者なら課税所得上限が年間$125,000、共稼ぎの場合には$200,000が上限となっている。

 2010年の有給育児休暇法で2011年1月1日から子供の出生または養子手続きがあった後の保護者に育児休暇の資格が得られ、雇用主は被雇用者の有給育児休暇を義務づけられ、最高18週間の休暇で連邦政府から最低賃金に準ずる額の支給が決められている。2013年からは父親または母親のパートナーにも同等の資格が与えられることになった。

 2020年1月1日より、「就業審査」が変更になり、受給資格の条件が緩められた。この新条件が適用されるのは2020年1月1日以降の出生または養子手続きに限る。

 グレッグ・ハント保健相は、医薬品給付制度(PBS)のセーフティ・ネットとして2020年1月1日より、これまでより安価または無料で処方箋薬を手に入れることができるようになる。

 VIC州では電力料金が値上がりされる。NSW、QLD、SA、TAS各州とNT、ACT両準州では2019年7月1日に値上げされている。

 その他様々な変更がある。
■ソース
What’s changing in 2020? This is what you need to know about new laws from New Year’s Day

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る