アゲート・クリークの瑪瑙(後編)/宝石大陸オーストラリア

トミヲが掘る!宝石大陸オーストラリア

QLD Agate Creek – Agate
アゲート・クリークの瑪瑙(めのう)(後編)

先月紹介した4色瑪瑙の大物を割り、磨くことで現れためくるめく世界
先月紹介した4色瑪瑙の大物を割り、磨くことで現れためくるめく世界

 2日目。朝食はキャンプで大活躍のフリーズ・ドライ。冬の早朝、温かいお汁粉にパンをディップして食べると一気に体が暖まる。さぁ今日はどんなすてきな石に出合えるだろうか。

 向かったのは車で山道を30分強東に走ったフラナガンスというポイントだ。ゴールドコースト在住の瑪瑙研究の第一人者で、業界人必携の書「Fossicking for Queensland Agate」の著者、GC宝石細工クラブ名誉会員ポール・ハワード卿が所有する区域だ。実はこの旅の前にアゲート・クリークの話を伺いに卿のお宅にお邪魔した折、直々に立ち入り許可を得ていた。

 ちなみに、アゲート・クリークのキャンプ場で熱いシャワーで疲れを癒やせるのは、シャワー設備を寄付したハワード卿のお陰。このポイントはキャンプ場から距離があり、立ち入り禁止の看板もあって大物発見の期待が高まる。

 干上がった川を奥へと進むと、川幅は昨日よりは狭く約2メートル。至る所に木や草が茂るが、こちらも昨日同様に宝石だらけだ。

今回も干上がった川、しかもハワード卿の私有地の中だけに大物に期待!
今回も干上がった川、しかもハワード卿の私有地の中だけに大物に期待!

 木の根周辺に比較的大きな石が多く溜まっているように感じ、木の根元を中心に探る。すると、丸みを帯びた薄黄色の石が頭を少し出している。ピック・ハンマーと手で引っこ抜くと、拳2個ほどの馬鈴薯のような形の瑪瑙が姿を表した。サイズ・形共に申し分なしの良物だ。

掘り出したばかりの大物の馬鈴薯瑪瑙
掘り出したばかりの大物の馬鈴薯瑪瑙
馬鈴薯瑪瑙をパカッと割るとこんな感じ。まだ研磨してないので地味だが……
馬鈴薯瑪瑙をパカッと割るとこんな感じ。まだ研磨してないので地味だが……

 味を占め、木の根を中心に探すと、今度はティッシュ箱大の大物を発見。しかも石の端からは赤や黄、深緑色が既に見え隠れしている……。ついお約束の雄叫びが上がる。こんなすてきな瑪瑙と出合えるなんて、ハワード卿に許可をもらっておいて本当に良かった。

 昼食後はキャンプ場近くのクリスタル・ヒルというすてきな名の丘を攻める。頂上には、アゲート・クリークを愛して止まなかった先人の墓が3基。それぞれの墓石には瑪瑙が埋め込まれ、眼下にはアゲート・クリーク全体を見渡せる絶景が広がっていた。下山し、ふと丘のふもとを掘ると、先人たちの思し召しか、リンゴ大の物が次々に出てくるではないか……。

 キャンプ場に戻り、大量採取した瑪瑙を選別する。そして質の悪い物を積み上げてかまどを作り煮炊きするという、石掘りならではのぜいたくを堪能する。焚き火の炎でゆらゆらと優しく輝く瑪瑙のかまどで焼く肉の味は、格別。ついつい、「うめぇのう」なんて台詞が口を衝く(笑)。

 テントに入り、本日最大の大物の瑪瑙を枕に、馬鈴薯瑪瑙を抱き締めながら、満足感に浸りながら消灯。今日も良い夢が見られそうだ。

このコラムの著者

田口富雄

文・写真 田口富雄

在豪24年。本職の不動産仲介業の傍ら暇を見つけては愛用のGoProを片手に豪州各地を掘り歩く、石と旅をこよなく愛するトレジャー・ハンター。その活動の様子は、公式YouTubeチャンネル(Web: youtube.com/user/gdaytomio)で楽しめる。現ゴールドコースト宝石細工クラブ理事長

 CJM Lawyers  幌北学園 nichigowine  kidsphoto
日豪プレス 配布場所      日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る