【PR】ゴールドコースト、ブリスベンの中古車購入なら「ワイズ・ジャパン」

日本人経営の正規ディーラーだからこそ安心、安全! 更に低価格 !!

ワイズ・ジャパン

オーストラリアでの暮らしを楽しむために欠かせない車。日本とは違い、全国に縦横無尽に交通網が張り巡らされているわけではないため、オーストラリア滞在をより楽しむためには自由に移動できる手段をぜひ手に入れたい。

とはいえ、車は大きな買い物だ。駐在員、学生やワーキング・ホリデーなどいずれは日本に帰国する期間限定の滞在者にとっては、できる限り予算を抑えつつ、安心・安全な車を手にしたいところだ。そうなると視野に入って来るのは中古車購入だろう。

しかし、日本に比べ個人売買も多いオーストラリアでは中古車購入にまつわるトラブルが後を絶たない。本記事では個人売買の危険性、及び正規ディーラーでの購入のメリットなどについて、QLD州で人気の日本人経営の正規ディーラー「ワイズ・ジャパン」に話を聞くと共に、同社の強みについて話を伺った。

違法な“裏庭ディーラー”の存在

車を購入する際は個人売買、もしくは正規ディーラーの二択となるが、ライセンスを持たずに個人で販売を行う違法な“裏庭ディーラー”と呼ばれるものも個人売買に含まれる。

裏庭ディーラーを含む個人売買には、法的な危険性と物理的な危険性が多く潜んでいることを頭に入れておくべきだろう。個人売買によるトラブルには以下のような実例がある。

・個人売買の際にRWC(車検)を取らず、名義変更を行わずに販売。名義人の元に見覚えのない違反切符が届いたことで違法販売が発覚。
・事故車、盗難車だったことがあとになって判明した。
・故障個所を隠した違法なRWCの車だったため、売却時にRWCが高額になってしまい売るに売れなくなった。
・RWCがない車を購入し、修理に数千ドルかけないと登録できないことが分かり、空港の駐車場にそのまま捨てて帰国してしまった。
・売却後、次の使用者が名義人変更をせずに使用し続けたため、高額の罰金の請求を自分が受けることとなった。

違法なディーラーから購入してしまった場合、車が粗悪なだけではなく、本来受けられるはずの保障や対応も受けられなくなることも多いので気をつけたい。

古い車の安全性の見極めは極めて難しい

ワイズ・ジャパン

低価格帯の車は当然年式が古く、過走行の車両が多いため、安全性を見極めるのはプロの目でも簡単にはいかないもの。しかし、違法な個人売買ではプロの目が入っていないため、命にかかわるような部品が壊れかけているにも関わらずRWC付きという車も平気で存在するという。

しかし,正規ディーラーでの購入では、プロによって整備や点検が行き届いた車両状態が良いものを手に入れられるため、売却時のRWCの費用も低く抑えられることに加え、売却時にその場で名義が変更、あるいは抹消されるため自分の名義のまま交通違反をされるなどといった心配もない。

QLD州で正規ディーラーのライセンスを取るためには、州の指定する学校で最低9つ以上の必修単位を取得し、所定のトレーニング・コースを修了した上で、犯罪歴、人物調査、車両を適正に管理・販売する土地の調査などといった数多くの項目をクリアする必要があり、個人売買と比べると、信頼性は雲泥の差と言えるだろう。

また、正規ディーラーと違法な裏庭ディーラーの違いには責任の所在もある。個人売買ではサインをした時点で売り主には何も責任はなくなり、その後、連絡が取れなくなっても文句は言えない。しかし、正規ディーラーには安全な車を提供する責任に加え、その後のメンテナンスへの対応も求められる。

このように、正規ディーラーでの購入であれば名義変更放置や違反金などといったリスクもなく、整備された保障付きの車が手に入るにも関わらず、リスクが大きい個人売買がなくならないのは「ディーラーは高い」というイメージがあるからだろう。しかし、値段が同じであれば、当然、正規ディーラーから購入するだろう。ゴールドコースト、ブリスベンで中古車売買を行う正規ディーラー「ワイズ・ジャパン」が人気を博している理由がそこにある。

「ワイズ・ジャパン」が低価格を実現できている理由

「ワイズ・ジャパン」には現在、個人売買と変わらぬ金額の2,500ドルから2万ドルの価格帯の車両が30台前後ある。低価格を実現できている理由には以下が挙げられるという。

(1)オークションで安くて状態の良い車を仕入れるプロの目利き
(2)自社運営の整備工場を持っている
(3)格安レンタカー会社の運営

ワイズ・ジャパン

自社で整備工場を持っているため、整備や修理などもすべてワンストップで行えるため、コストを抑えられることに加え、レンタカー・サービスを行っている点も大きいという。

安い価格帯の車には、しばらくその車に乗らないとわからないような細かい問題が出てくるケースが少なくない。そのため、販売前にしっかりと整備した上で、数カ月間レンタカー車両として学生などニーズのある若者に格安で貸し出すのだという。その期間内、利用者に定期点検にも来てもらうことで、車の状況を見て適宜調整するそうだ。また、レンタカーとして貸し出している間は、在庫スペース・維持コストの節約にもつながる。そのような企業努力を経て、自信をもって低価格帯の車を売り出すことができているのだ。

価格帯が安いことから、学生やワーキングホリデーなど若者の客も多い一方で、日本人のきめ細かなサービスを求めるローカルの客も少なくないそうだ。

また、細かい点では納車の際にプレゼントされるキーホルダーも人気だという。QLD州ハービーベイ在住の革職人が1つひとつ丁寧に手仕上げしたもので、そこには同社の「丁寧に仕上げた車だけではなく、お渡しするキーホルダーも丁寧に仕上げたものにしたい」という思いが込められているそうだ。

自社工場でしっかりとサポートしてくれるため安心だ

納車の際にプレゼントされるキーホルダー                    自社工場でしっかりとサポートしてくれるため安心だ

学生、ワーホリでも利用可能、更に無利子の自社オートローン

同社の人気を支えるもう1つの柱が学生ビザ、ワーキングホリデービザ等、非永住者でも利用可能な自社オートローンだ。オーストラリアに6カ月以上滞在できる有効なビザを持ち、住所と仕事があれば誰でも申し込み可能で審査は社長と面談するだけ、無利子で利用可能だという。

もともとは、ファームに行く若者などを支援するため、代金の支払いをファームでの仕事が始まったあとの「稼げた時払い」にしたことがきっかけだったそうだが、現在では多くの客がそのサービスを利用して車を購入しているという。

無担保ということもあり、車だけ持っていかれてしまうリスクも当然あるが、これまで一度もそういった事例はないという。同社と客の間の信頼関係があるからこそ実現できるサービスと言えるだろう。

QLD州で車の購入を考えている人はぜひ一度、同社を訪れてみてはいかがだろう。

「ワイズ・ジャパン」店長 山本さんからのメッセージ

ワイズ・ジャパン

私たちは丁寧できめ細かなサービスをモットーに、オーストラリアでの車探しから整備·点検·修理、保険、売却までお客様のカーライフをトータルにサポート致します。

オーストラリアには日本にはない過酷な走行環境も多く、交通量も少ない電波も入らないような内陸で車が止まってしまうと命の危険さえあるため、車が信用できないと旅のスタートすら切れません。点検の際には、様々な環境を想定し、何百キロ、何千キロ先のことまで考えながら念入りに整備します。また、初めて内陸などの過酷な環境に行かれる方にはその危険性や緊急時の対処法をしっかりと説明します。

うちでご購入いただいたお車でお客様が遠くのファームに行ったり、家族でロードトリップに出かけたり、オーストラリアを横断したりした際に写真を送ってくれた時などはとても嬉しいです。いつも無事完走の知らせを聞くと心の中でガッツポーズしています。

弊社には南アメリカ大陸6200キロ、オーストラリア大陸7000キロを走破したアウトバック・オフロードのエキスパートがおりますので、ご自身の車でアウトバックを完走できるかなどといった相談だけでも請け負っていますので気軽にお訪ねください。

お客様1人ひとり、車1台1台と丁寧に向き合い、たくさんのお客様のおかげでQLD州最大の日本人経営店となることができました。これからも真摯で丁寧な仕事を致しますので、町の車屋として、些細なことでもお気軽にご相談ください。

WISE JAPAN

WISE JAPAN

0403-308-305 wisejapan.aus@gmail.com 7AM~5PM
https://www.green-u.com/
2A Ryecroft St, Carrara QLD 4211
ゴールドコースト方面高速75番を降りて1分。
公共交通機関を利用の場合はNerang駅、Robina駅から送迎あり
Motor Dealer Licence Number: 4387135
Australian Company Number: 637 798 853

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る