最新技術による矯正治療は審美効果が増大/歯科教室

ノックス・キム先生の歯科教室
最新技術による矯正治療は審美効果が増大

注目される矯正治療法「インビザライン」
注目される矯正治療法「インビザライン」

 どんなシーンでも笑顔はとても大切です。その笑顔を更に引き立たせてくれるのが美しい歯ではないでしょうか。

 「歯の審美治療」への関心は、メディアでも取り上げられほど年々高まり、歯を白く見せる「ポーセリン・ラミネート・ベニア」や、「セラミック・クラウン」を使った治療が広く行われてきています。しかし、歯の美しさは白さだけではなく、歯並びにもあります。ここ数年は審美治療として、歯の矯正治療を選ぶ人が増えており、今や歯科矯正は子どもだけでなく大人の関心事でもあります。

 ただ、矯正に使われる銀色のワイヤーの見た目の悪さが気になって、治療をためらっている人が多いことも事実です。そこで注目されるのが、透明なので目立たず、しかも取り外しが可能なマウスピースを使った矯正治療「インビザライン」です。これなら見た目を気にすることなく、普段通りの生活を送りながら歯列矯正ができます。

 また、従来であれば、あごが小さいなどの理由で治療を行うスペースを作るために抜歯が必要な場合がありました。しかし今は「IPR」という特殊な方法でスペースを作ることで、抜歯なしで歯列矯正の治療を行うことが可能になっています。

 加えて、治療前に3Dアニメーションによる治療プランを制作することで、治療後のイメージを確認できたり、治療期間などを事前に把握することができるようにもなりました。もし豪州に長期滞在できない場合でも予定を考慮した治療プランを組んだり、または治療開始後にプランの変更が必要になった場合には、迅速に対応できるようになりました。

 携帯電話やコンピュータの技術が日進月歩で進化しているように、歯科の矯正技術も常に進化しています。スキルアップを常に怠らない歯科医を選び、自分の歯に自信を持てる治療を検討しましょう。

歯科医紹介

ノックス・キム院長

ノックス・キム院長

オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年 Dental Clinic @ World Towerを開院。一般歯科治療の他にも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る