スーパーラグビー開幕へ/豪州ラグビー通信

豪州ラグビー通信
スーパーラグビー開幕へ

 本来であれば、「ワールドラグビー・セブンズシリーズ」のシドニー大会が2月初旬に開催され、そのリポートをしたいところだった。新型コロナウイルスの世界的なパンデミックの継続により、開幕ラウンドのドバイ大会、第2節のケープタウン大会の中止が早々に決定。それ以降、再開のめどは立っていない。7人制ラグビーは、オリンピックの正式競技となっており、今年はより一層盛り上がったことを考えるととても残念だ。

昨年のワラタスのホーム・ゲーム昨年のワラタスのホーム・ゲーム

 そんな中、スーパー・ラグビーは開幕に向かっている。もちろん通常通りではないが、昨シーズンの新型コロナウイルスによる中断後、ニュージーランド、オーストラリアにおいては、それぞれの国内の大会として再開しており、今回もそのフォーマットと同様の内容で行われる予定だ。

 この大会の直後には、両国の各5チームによるクロス・オーバー・マッチ、「トランス・タスマン」が始まる。トランス・タスマンでは、各チームがホームとアウェイで2試合ずつ戦い、第3節では、「スーパー・ラウンド」と銘打ち、その週末に全ての試合が同じ会場で行われる計画もある。

 オーストラリアの「スーパー・ラグビーAU」は2月19日、ニュージーランドの「スーパー・ラグビー・アオテアロア」は2月26日に開幕し、いずれも5月8日が決勝。その翌週(14日)にトランス・タスマンが開幕し、上位2チームによるプレーオフ決勝が6月19日に行われる。

 スーパー・ラグビーとしては、南アフリカ、アルゼンチンの参加がないことは残念だが、世界トップ・レベルのパフォーマンスで、熱戦が繰り広げられることは間違いない。これらの大会が全て無事に開催されることを祈るばかりだ。

解説者

YASU

「一度きりの人生、楽しまなきゃソンソン」という感じで、好きなラグビーを楽しむため、約10年間勤務した会社を退職し来豪。ローカルのクラブで10年以上プレーし、もはやラグビーが文化として根付いているこの国から動けなくなっている。日本ももうすぐこうなるかな? 大の犬好き。

 Sunday Footy!!

毎週日曜日(10:30~12:30)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さん是非お気軽にご参加下さい!Yasu 0412-553-535

 JCB Yumepirika Campaign CJM Lawyers 幌北学園 kidsphoto nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス キレイになろう特集 Coupon Banner

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る